その瞬間の空気。

読み切ったぜ!現場がつくる新しい社会福祉。

やったな。

読み終わりました(笑)

現場がつくる新しい社会福祉 (みんなの社会福祉・社会保障テキスト)

かもがわ出版

福祉の歴史。福祉の本来の目的・意味が分かります。

スコア:



最後の方は流し読みでしたが(@_@)



平等ってなんでしょうね。


保険料払ってないから、保険証無くて医療受けられないの当然。


学費払えないから学校行けなくても仕方ない。



金が無いなら介護受けられないのは仕方ない。



これが平等か?




そもそも、小泉構造改革なんかで、大企業優遇、非正規雇用者の拡大、社会保障費の抑制にて、金を払いたくても払えない方達がたくさんいるわな。



日本の母子家庭の母親の8割は働いています。
イギリスは5割。

アメリカやスウェーデンでも7割程度。


日本の母子家庭の母親は働きものです。


しかし貧困から抜け出せません。



母子家庭への社会手当は見直され引き下げられているからです。




当たり前の生活が出来ないってね。


日本国憲法の、基本的人権、生存権に反しますよね。




経済大国日本なのに…




しかし、日本の10分の1の経済力にも満たないコスタリカという国は、教育も医療も無償だと言う事を本の中で紹介しています。


金が無いから必要な福祉が受けられないのは、自己責任論で平等なような気もしましたがね。


そういうコスタリカの事例なんかを聞くとね。




弱者が消えていくのが、平等な福祉なのか?と考えさせられました。



どちらにしてもね。憲法違反な部分ありますよ。


いくら納税の義務があったってね。


税金払うだけね金が無けりゃ、払えないんだから。

c0232015_23493816.jpg




何か感じて頂けたなら
ポチッと!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sonoshunkannokuki | 2012-09-13 23:51 | 学習
<< 書道ガールズ。 今日1日の流れ。 >>